ART WORKS

<IMAGE LIST>
※IMAGE LISTの画像をクリックして出る右上の矢印マーク(▶)をクリックしますとスライドショーになります。

KODAMA


涙のゆくえ

1995作 石膏・木・漆・着彩 H110×W50×D40㎝

あの人がいて、私がいて
確かめることができて

(いや確かめられなくてグチャグチャだったりして)

世の中、何が正しくて、悪いことなのか
分からなくなってしまったり
こんな人でいいのだろうかと思ってたり・・・・

ああ、こんなにも生きることは大変なのか、と
思ったその先に、一体、何が待っているの?
死?

 

死なら死と あなたの口からハッキリ答えが聞きたい。
ハッキリと。

そうすれば、私はもっと楽になれるのに・・・・。



a symmetry ーふたつの陰ー
1996作 テラコッタ・粘土・木 H53×W18×D22㎝


ある日鏡を見たら
知らない私がうつっていた・・・。



OASISS 98’-Ⅰ
1997作 砂岩・苔 H20×W60×D30㎝


私が今秘密にしている事。
それは、都会のど真ん中にひょいと存在するOASIS
知っている人はまだいないのよ。
喉を潤してくれるの。
ルンルンッてスキップだってできるのよ。
なんでいきなりあるのかしら・・・?
誰にも見つからないように!
だってまた汚されてしまうもの!
そしたら私また息ができなくなるから



OASISS 98’-Ⅱ 
1997作 砂岩・苔 H20×W60×D30㎝



Saill Shape -時の風ー
1997作 鉄・小松石 H120×W60×D20㎝

鉛の様に 重い現実を捨てて
一度、外に翔びたってみようじゃないか!

(何かが呼んでいる・・・何かが叫んでいる・・・)

      永遠に続くあの青い空に向かって・・・



眠りの底に
1998作 石膏 H40×W110×D70㎝

9月第1土曜日
小さいながらも 自分の場所を決めて・・・
居心地がはたしていいのか悪いのか
わからないけど なんとか見つけて・・・
嬉しいことなのかは、ハッキリしないけれど
時間が前よりも苦しくなくなったのは
よかったかもしれない・・・

何も感じない。何も見えない。そんな状態が今はいい。

ただ何となく風が吹いて。
何となく時が過ぎて。
何となく愛する人が世から消えていって。

世の中何となく泡となり
記憶も消えていく。

そんな空しい人生を悲しむこともなく
頑張りすぎることもなく

ただ花が、そう、名もつかない野花が
   ひっそりと向かいゆく 冬のように



雫の中で
1999作 石膏・漆・着色 H90×W120×D60㎝

ここは なんて静かなんだろう?
自分の吐息、胸の鼓動すら大きく聞こえるくらいだ・・・。
ん? 誰かが何か 遠くの方で呼んでるみたい・・・。
でも、もうしばらく もうしばらくこうしていたい
歪の無いこの雫の中で



座る女
2000作 テラコッタ木 H40×W110×D45㎝



青海波
2001作 半磁器 H12×W24×D15㎝



追憶 ~時を経て―
2002作 信楽・木 H24×W40×D17㎝

結局は簡単なんだ
過去を想い出にすりゃいいんだ

いちばん下の心の棚にナフタリンも入れて
カギをかけてさ、歩いていけばいいんだ

いつか君の顔も仕草もにおいも
忘れてしまえばいいんだ(できた できてた)

死ぬとき僕は君のことを思い出したくない

だって今こんなに歳を重ねても腰が曲がっても
こんなに季節が幾度と変わっても頭が禿げ上がっても


あの時 僕は君から 愛するコトを教わった最初で最後の
                                     人だから・・・


なのに、なのに なんで こんなに胸が苦しんだ・・・ワァー

僕を信じてついてきてくれた妻よ、子供たちよ
   こんな父さんで ごめん・・・

    以上、
―不完全な僕についての報告書・終わり―

 



月世界  

第23回朝日現代クラフト展 (お買い上げ) 
2005作 FRP・和紙・着彩 H60×W60×D20㎝



郷愁 

京都けいはんな記念展 
月のアート展最優秀賞受賞・京都芸術交流会招待作品
2006年 FRP・和紙・ミクストメディア H50×W60×D20㎝



海月 

瀬戸市あかり展入選
2009作 備前 H60×W60×D65㎝



海月 
2009作 FRP H40×W60×D60㎝



慕情 
第10回富士火災アートスペース入賞
2009作 木・ガラス・和紙 H110×W50×D40㎝

いつまでも、いつまでも、私はここにいます。



陽だまり
2016作 信楽・木・ガラス H30×W40×D20㎝



KODAMA シリーズ


KODAMA
2002作 信楽 H12×W24×D15㎝?

時の美しさと残酷さについて

    ~この不完全な僕へ送る最後の報告書

 

 

 


KODAMA  -波紋ー
2002作 信楽 H34×W17×D17㎝

出会って、2年と3ヶ月もたったのに
不安だったんだ。
好きとか嫌いとかじゃなくて
ただ不安だったんだ・・・。
君の潤んだ瞳がかすかに
震えているのが・・・。

何か言いたげそうに、でも
キュッと閉ざされた口唇が・・・

だから君の白くて細い手を
離さなかったんだ。
          あの時・・・。

 

 

 


KODAMA  -初恋-
2002作 信楽 H17×W13×D13㎝

そう、気が付くと 一つのメロディーを繰り返し
口ずさんでいたっけ・・・。

 

 

 


KODAMA  -Glow  Up-
2002作 信楽 H60×W16×D16㎝

あらゆるものが輝かしくって、あらゆるものが吸収したくて・・・
見果てぬ未来を思い描いてはワクワクしていたっけな。
どんどん グングンのびた僕の心ー

一緒にバカやってたヤツラは今なにしてるんだろうな
思いだすだけで笑ってしまうよ!

ーそういえば、姉さんと手紙のやり取りしてる人って誰だったのかな?
 なんだかとってもキレイになっていったよね。

 

 

 


KODAMA  -女たち-
2002作 信楽 H10×W10×D10㎝

僕は知ったさ、
  枯れることを
    知りながら
      花は咲くことをね。


・・・そして君は何も言わずに去っていってしまったんだ

 

 

 


KODAMA  -君ヲ想フ-
2002作 信楽 H16×W1016×D16㎝

あれから・・・
   僕は煙草をふかしながら
   歩いて歩いてバカみたいに歩き続けて、
そして朝日が昇ると同時に、大きな声で言ったのさ。
  「イロイロ、アリガト」って。

 

 

 


KODAMA  -生成-
2002作 信楽 H14×W17×D17㎝

お父さん、お母さん、おばぁちゃん、姉さんにコロ
僕が最初に覚えた言葉は何だったんだろうね。

お父さんのヒゲがゾルゾルするのが好きだった。
お母さんの薬指に食い込んだ指輪が好きだった。
姉さんの三つ編みが好きだった。
コロのつんとした、しっぽが好きだった。

 

 

 



ブータンで見た太陽

2018作 アクリル、和紙、木、糸、ステンレス H130×W130×D70㎝